マンションを売る時に鍵を渡し忘れた!

マンションを売却した後に鍵を渡し忘れた時は、業者が取りに来る、すぐに気がつき不動産屋へ行くなどの長所があります。マンションを売却した際に鍵がない場合は、業者も困る状況と言えることから、依頼人の住む所へ取りにくると想定されます。

業者から話を聞いた依頼人は、家を中を隈なく探して見つけ、業者に手渡すことになります。この時は業者に一言謝っておくと好感を持たれます。後々、不動産屋を訊ねた時は、喜んで仕事をしてくれるきっかけにつながります。また、依頼人はすぐに気がつき、不動産屋の元へ訪れるかもしれないです。自身の落ち度なので、急いで戻るのは自然の流れと言えます。

おそらくですが、業者に事情を話して手渡すと、誠実な人だと認識してくれる可能性が高いです。機会があって、再び取引をすることになった時は、笑顔で依頼を引き受けてくれるので、その時は届けておいてよかったと満足するはずです。

短所は業者がマンションに入れませんと電話をしてくる、家族に怒られるなどです。業者がマンションに入れないと連絡してきた時は、すぐに現場へと鍵を持って駆けつけましょう。その時は、礼儀正しく謝罪をすれば、業者もそれ以上は追究してこないので大丈夫です。あと、家族に鍵を渡し忘れたと報告すると、その不誠実な対応のことで厳しく叱られるので注意です。なので、気が付いた時はすぐに行動をして、業者に速やかに手渡すといいです。早く渡すことができれば、業者の仕事の妨げにならずに済みます。

コメントは受け付けていません。